バックナンバー(もっと見る)

特別号

[重要なお知らせ] Webマガジン「ファーマシストフロンティア」を7月31...

2017年05月号 vol.25

■ウェブマガジン『ファーマシストフロンティア』では、スマートフォン・パソコ...

2017年04月号 vol.24

■ウェブマガジン『ファーマシストフロンティア』では、スマートフォン・パソコ...

ファーマシストフロンティア

2017年03月号 vol.23

連載8「働き方の処方箋」~休憩と休日~

2017年02月24日 15:19 by wrsb

こんにちは、WRSBです。

今回は休憩と休日について説明したいと思います。

まずは「休憩」から。

休憩は、労働時間が6時間を超えた場合は45分以上、8時間を超えた場合は1時間以上の休憩を労働時間の途中に与えなければならないと、労働基準法で決まっています(第34条)。

本来1日8時間労働ならば、休憩は最低45分与えれば、法律上は問題がないことになります。

気を付ける点として2つあります。

1つは、実際に与えなければならないということです。

よく聞くのが、忙しくて取れませんでしたが、賃金はその分支払われなかったということです。

これでは、休憩を与えなかったという問題だけでなく、賃金未払いにまでなる恐れがあります。

また、休憩中は完全に労働から解放される必要があります。いつでも労働できるよう待機している状況だと、いわゆる「手待時間」と言われ、この時間は休憩時間ではないので、これも賃金を支払わなければならないことになりますので、お気を付けください。

次は「休日」です。

休日は、毎週少なくとも1日の休日か、4週間を通じて4日以上の休暇を与えなければならないことが、労働基準法で決まっています(第35条)。

この休日は、労働契約において労働義務がないとされる日で、原則として暦日、24時間与える必要があります。

また、原則として毎週少なくとも1回与える必要があります。

また例外として、4週間を通じて4日以上の休日を与える場合=変形休日制を採用することも可能としていますが、その場合は就業規則などで4週の起算日などを定めた方が良いこととされています。

ここまではみなさまご理解されているかと思います。

今回なぜ休日を取り上げたかというと、「休日の振替」について、誤解されている方がいらっしゃると思いましたので、あえて取り上げました。

まず、休日の振替については.......



この続きは無料購読すると
読むことができます。

関連記事

【働き方の処方箋】~おわりに 「労働時間規制のあり方」試案~

特別号

【働き方の処方箋】~第10回 退職と解雇~

2017年05月号 vol.25

連載9「働き方の処方箋」~年次有給休暇~

2017年04月号 vol.24

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

特別号

[重要なお知らせ] Webマガジン「ファーマシストフロンティア」を7月31...

2017年05月号 vol.25

■ウェブマガジン『ファーマシストフロンティア』では、スマートフォン・パソコ...

2017年04月号 vol.24

■ウェブマガジン『ファーマシストフロンティア』では、スマートフォン・パソコ...