バックナンバー(もっと見る)

特別号

[重要なお知らせ] Webマガジン「ファーマシストフロンティア」を7月31...

2017年05月号 vol.25

■ウェブマガジン『ファーマシストフロンティア』では、スマートフォン・パソコ...

2017年04月号 vol.24

■ウェブマガジン『ファーマシストフロンティア』では、スマートフォン・パソコ...

ファーマシストフロンティア

2016年08月号-1 vol.10

連載4「環境変化に対応する薬局経営の視点」~処方元医療機関の診療報酬体系情報が重要

2016年10月07日 14:44 by Ijyuuinn_manabu

処方元医療機関の診療報酬体系情報が重要
中小企業診断士 平田 雄一郎

かかりつけ機能を実践するうえでは、薬剤師が処方元医師や患者との高いコミュニケーションを発揮することが求められる。そしてそのためには、薬剤師は常に医薬品や疾患等に関する知識向上に努めることが重要となる。

併せて、処方元医師とのコミュニケーションを図るうえでは、処方元医療機関がどのような医療方針に取り組んでいるのかを把握することも、今日の薬局経営にとっては欠かすことはできない。

とは言え、処方元医療機関の医療方針について、各薬局店舗で把握することは現実的には難しい。各薬局店舗は、患者への服薬指導が何よりも優先する業務だからである。

つまり、これは薬局経営者が取り組む業務であり、薬局経営者の戦略思考が必要である。

それでは、どのようにして、処方元医療機関の医療方針を把握すればよいのだろうか?

その答えとは

 


この続きは無料購読すると
読むことができます。

関連記事

第16回(最終回)「環境変化に対応する薬局経営の視点」~経営者が目指す地域包括ケア拠点薬局とは

2017年2月号vol.22

第15回「環境変化に対応する薬局経営の視点」~かかりつけ薬剤師包括管理料の算定に向けて

2017年1月号-α vol.21

第14回「環境変化に対応する薬局経営の視点」~薬価制度の抜本改革

2017年1月号-1 vol.20

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

特別号

[重要なお知らせ] Webマガジン「ファーマシストフロンティア」を7月31...

2017年05月号 vol.25

■ウェブマガジン『ファーマシストフロンティア』では、スマートフォン・パソコ...

2017年04月号 vol.24

■ウェブマガジン『ファーマシストフロンティア』では、スマートフォン・パソコ...